Weekly Column

Men's Judge

大晦日Dynamite!『スキカク』上位発表!

MJ
2006.01.14
本当にたくさんの投票いただきありがとうございました。えー今年のK-1 Dynamite!のテレビ放送ですが『スキカク』調査を参考に選定致します。その結果、魔裟斗・ボビー・KID・所・サップの五名が上位入選致しましたので、試合内容に関係なく必ず放送致します。・・・なんて不可解な調査を行ってたのはNHKの方でしたね。
ところが本当にK-1もそうじゃないの?と思わせる放送内容でしたね。チャンピオンになってもいまいち人気のないシュルト、直前に元チャンピオンの脇役的なキャスティングで決定したプレデターの試合は内容に関わらず放送致しません。事前に決まってたんじゃないでしょうか?
ここ最近のK-1は興行よりも視聴率重視ということは、みなさんご周知の通りですが、まぁ大晦日はお祭りなのでそれでいいと思う。試合が終わって2時間も経てばもう新しい年なんだから、去年の出来事になっちゃうんだから。そう考えるとサプライズはないものの視聴率を取るにはもってこいの面子とわかりやすい対決が揃ったんじゃないかなぁと思っていた。ところが先日、大晦日の視聴率が発表され、結果は昨年を下回る成績で、ライバルPRIDEにも負けてしまった。あれだけわかり易いカードを並べてなぜなんだろう?
テレビで放送しなかった試合を言うと、2週間という準備期間で立ち技に初挑戦したプレデターは、昨年の王者相手に互角以上の闘いを見せた。フォー.タイムス.チャンピオンをヒザ蹴り一閃で見事に葬った現役王者シュルト。特にプレデターの試合は判定にブーイングが起きた程、観客は熱くなった。
それらを含め、決して興行的には失敗ではなかったと思う、むしろ最近のなかでは良かった方だと感じた。ただ2時間強という枠の中で全試合をテレビで放送するのは不可能、ましてや視聴率を狙うなら不要な部分はカットするのは当たり前、しかし肝心の格闘技の醍醐味を伝える試合をカットして、人気者の試合を優先してしまった。
今までのK−1は視聴率を取っていたのではなく試聴率を取っていたのではないだろうか。話題性で試しに見ていたのかもしれない、つまりレコード店に例えると試聴だけして購入に至らなかったのだ。人気のあるアーティストの新譜は誰しも試聴するし、ある程度の売り上げ計算はできるから難しいところなのもわかる、でも全てが購入に至る訳ではない。試聴ではなく視聴を勝ち取る為には今回のホースとXシュルトのような試合を放送しないと、次は試聴もしてもらえなくなるかもしれない。
『スキウタ』を優先すると実力派である橋幸夫の「霧氷」が落選してSMAPが5曲もランクインするのは当たり前のこと。しかし格闘技にも『スキカク』を優先するのには疑問だ。近年のブームで格闘技好き人口が増大しているのは事実だが、それらの殆どは視聴者ではなく試聴者だ。そろそろ試聴ではなく視聴人口を増やす方法を考えた方がよいかもしれない。まぁ、もちろん今回放送された人気者の試合にもレコード大賞級の試合はありましたけどね。
大会の写真はコチラ
試合の結果はコチラ
stand様にも、同様のコラムを掲載させて頂いております。
[Track Back URL] [Column No.75]